1. HOME
  2. ブログ
  3. 経営者
  4. 会社は誰を守るの?

会社は誰を守るの?

吉本社長の会見、多くの芸人が悲しんでいる。

この「悲しむ」意味がわからないなら、会社は潰れます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
自ら信用を失う会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長は、社員を守るべき。
これはMUSTだと感じます。

社員を守れないなら、そもそも雇ってはいけない。
なぜなら社員の人生の時間を、会社は奪うためです。

誰だって誰かのため、何かのために頑張りたいと思うもの。

・ここで働きたい
・この人たちと時間を共にしたい
・ここで自分を成長させたい

そんな思いを無下にする。それが吉本の会見だったと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
研ナオコさんのツイートは本質
「タレントを守れや!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「社長だったら 自分では無く 全力で!タレントを守れや!!」

この言葉を全うできる社長って、世の中に何人いるんだろう?って思う。
そしてそんな社長の下なら、社員は安心して仕事に取り組めると本気で思う。

「社長なら、自分の保身よりみんなのことを」

難しい、そんな簡単なことではない。

そんな言葉、言わなくてもわかってる。ただ社員はそういう見捨てる言葉を聞きたくないものです。

本気で守ってくれる、社長、親。

「絶対、守ってやるからな」

そんな人と繋がっていたい。
そう思う気持ちは、誰しも同じじゃないかな?と改めて感じました。

⇩ 参照記事 ⇩

https://www.sankei.com/entertainments/news/190722/ent1907220020-n1.html

関連記事