成長のための必須事項

指示待ち人間を変える

こんな"ことわざ"があります。

「馬を水場に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」

では、どうすれば水を飲むのでしょうか?

仕事も子育てでも、同じことがいえます。

・お膳立てしているのに、やろうとしない部下
・ご飯を与えようにも、食べようとしない子供

しないのではなく、興味がない。
それゆえ興味が湧く仕組みを考えなければなりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
人は能動性を発揮でき
始めて"やろう"と意欲が湧く
━━━━━━━━━━━━━━━━━

水を飲まないなら、与えなければいい。
ただし少しの背伸びで与えられるように、水の置き場所には工夫は必要。

「できない」が「できる」に変わると、快感を覚える仕組みが、人には備わっているそうです。

その仕組みを上手く利用し、お互いの成長に繋げられる人は、良き教育者になれると感じます。

今後、ますます需要が伸びそうなスキルです。

⇩ 参照記事 ⇩

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57142