成長のための必須事項

1241件の先生不足

おはようございます。
3歳の息子のおねしょと日々格闘している杉本です。最近は狙って、僕の枕元にマーキングしやがります…😱

 

さて、本日はこの記事を深掘りします😊

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM7H65KWM7HUTIL00W.html

 

先生が足りていないらしいです。都道府県別でこんな対策してます!という内容が、本記事にまとめられてます。

理由は様々。

・特別支援学級が増えた
・産休や育休の取得数が増えた
・病休者が増えた

など、現代っぽい理由だなぁ…と感じると同時に、そろそろ学校は変わらないと本気でヤバいと思ってます。そもそも「何を学ぶか」より「誰から学ぶか」にシフトしている世の中なのに、学校はそれが難しいですよね。「誰から学ぶか」に振り切るとなると、

・私立を選ぶ
・大学まで我慢する

しか選択肢がない。地元で満足できないなら、県外に出すか…となるシナリオが完成する。地方はそれを真摯に受け止め、「だったらどうするの?」を考えなくちゃいけないと思ってます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
私なら、こうする
[ Iot & フリーランス ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━

そもそも「人手不足」はわかっていることですよね。少子高齢化、生産年齢人口はみるみる下がります。

❶ 人をITで置き換える(仕組み化)
❷ 参画できる人の幅を広げる(多様化)
❸ 今の学校の在り方自体を変える(抜本的改革)

に、私は対策が集約されるのでは?と感じています。❸はハードルが高いため、今回は❶・❷から。

そもそも「誰から学ぶか」のニーズが高まってるなら、それに振り切ればいいと思ってます。要は、学校の東進化です。

教え方が上手い!学力が必ず上がる!と評判の先生を数名ピックアップし、その先生の授業をオンライン学習する。それだけで先生の人的コストの削減、学歴向上に繋がると思います。

宿題もテストもオンライン化。採点や管理にかかる時間コストがITで省けるし、何よりデータが貯まる。データがあれば、個に特化した改善案が打ち出せます。

更にもう一つ推し進めていうと、非常勤講師を「フリーランスOK」にすればいいと思ってます。てか、できるなら僕がやりたいです。ノマドであるため、むしろ学校という場所をお借りできるのはありがたいですし、生徒からの生データも欲しいです。

僕が学校の非常勤講師になれるなら、Youtuberとか肯定で、「こうしたらなれるよ!」まで話せるのにな…って思います。そして、こういうフリーランスの方、多いんじゃないかな?って感じてます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
今の先生は、用無しなのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

私はむしろ用有りだと思っていて、ただし「先生の価値が変わる」べきだと思ってます。なぜなら正解はググれば簡単にみつかりますが、ググれない正しさが伝えられるのは人的コミュニケーションでしか策がないためです。

今までの授業を教える専門家(プレーヤー)ではなく、わかるを導く相談役(マネージャー)に変わる。つまり、先生に求められるスキルが変わってきていると思ってます。

 

それができる先生がいたら、私は息子をお願いしたい。そう思っている親御さんは、他にもたくさんいるのでは?と感じます。