1. HOME
  2. ブログ
  3. 顧客の心理
  4. キャッシュレス化による生活変化

キャッシュレス化による生活変化

おはようございます。杉本です😊
お盆過ぎたあたりから、朝晩が少し涼しくなったように感じます。まだまだ油断禁物!熱中症にならないように気を付けないといけないですね!

 

本日は、モバイル決済による生活の変化について深掘りします。

https://seikatsusha-ddm.com/article/10239/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャッシュレスによる3つの自由化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

キャッシュレス化により、3つの自由が私たちに与えられました。

❶ 決済タイミングの自由(いつでも決済)
❷ 決済場所の自由度向上(どこでも決済)
❸ 決済金額の自由度向上(いくら分でも決済)

 

具体例を挙げると、

❶ クレジットカードの後払い
❷ インターネットショッピング
❸ 交通系IC(Suicaなど)での電車賃

 

です。お金の流れが、滑らかになっていますよね。

 

「直接店舗に行き、現金で支払う」

これが今まで常識であり、基礎でした。キャッシュレス化の進む現代においては、それが常識でなくなっているといえます。

 

特に10~20代の人にとっては、店舗価値そのものが変わっています。

店舗は試着室、実際に商品を試す場所であり、購入先は❷のインターネットショッピング。理由は、すぐ届く&店舗より安く、楽に買える。そうなると、

「直接店舗に行き、現金で支払う」

しか選択肢がないことは、そういうニーズを無視していることに他ならないと感じます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
amazon効果でブランド力低下
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「ニーズが変わっている」ことに対して、さらに深掘りします。

https://zuuonline.com/archives/202437

 

❶❷❸、すべてを取り入れている代表的な企業にamazonがあります。そのamazonの買いやすさ、使いやすさによって、顧客の商品に対する価値が変わっているという報告があがっています。

 

「買いやすさ、使いやすさ」を求め、amazonの利用依存が強まると、顧客はより「コスパ」を求める傾向が強まります。

コスパとは、自分にとって最適であるかどうかです。効果と価格の妥当性を求めます。ゆえに「ストーリー」といった付加価値を大切にするブランドは、amazonの影響により、ブランド価値を感じにくくなっているといえます。

 

ブランド一つとっても、価値の伝え方は時代とともにアップデートしなければならない。キャッシュレス化はお金の問題だけでなく、私たちの価値観すべてを変える力をもっているのだと、強く感します。

関連記事