1. HOME
  2. ブログ
  3. 現状把握
  4. スマホで暇つぶしのいいとこどり

スマホで暇つぶしのいいとこどり

おはようございます。杉本です😊
スマホの普及率が90%を超え、使われ方も多様化されていますよね!

 

本日は、2019年におけるスマホの使われ方について深掘りします。

https://seikatsusha-ddm.com/article/10268/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
限られた時間を有効に使いたい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年➡2019年、この3年間でスマホの使われ方は大きく変化しました。

 


[2016年のスマホの使い方]
★テレビではドラマ、タブレットでは定額動画サービス、スマホはSNSやゲーム
→「見る」より、それぞれを「流す」
→どれがメインかが、わからない
→なんとなく「あたり」で見る

[2019年のスマホの使い方]
★タブレットで未知コンテンツ、スマホで保険コンテンツ
→タブレットで新しいワクワクを探しながら、スマホですでに見ている鉄板・神回のコンテンツを見る(常に面白い時間を確保したい)


 

つまり「どうすれば自分が満足できるメディア利用ができるか」という点に対して、各々で答えを持ち始めているといえます。

 

誰だって限られた余暇の時間、「あぁ~面白くなかった」とか、「これ見る暇があるなら、他のことすればよかった」とか、無駄な時間は使いたくないですよね。それに対してより敏感になっている感が強いです。

昨日のSHIRASUブログ、amazon効果がこういうところでも影響を及ぼしているようにも感じます。

キャッシュレス化による生活変化

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スマホ時間は伸びるが、本当は減らしたい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1日当たりのメディア接触時間は、年々伸びています。特にスマホ接触時間が伸びており、「スマホがないと不安」と感じる人が増えています。その一方、「スマホ時間を減らしたい」と思っている人も増えています。

 

いかにスマホに中毒性があり、依存しやすいかが伺えます。

スマホ依存する気持ち、私は「必然かな?」と感じています。面白いもの、新しいもの、繋がり。すべてがスマホに集約され、スマホ以上に面白い体験が周りにない。となると、スマホにすべてを求めてしまう。

 

・どうスマホと関わりたいのか
・どうスマホと関わっていくのか

無意識だと、依存傾向に陥る。だったら意識的に「どうしよう?」という、自分なりの答えを見つけることが大切なのでは?と感じます。

 

スマホを利用することで、より人生を豊かにする

いい一日を送る上で、自分の24時間の棚卸しをすることは重要だと感じます。

関連記事