1. HOME
  2. ブログ
  3. 体験レポート
  4. 議事録(NewsPicksアカデミアゼミ)エリックゼミ第5回

議事録(NewsPicksアカデミアゼミ)エリックゼミ第5回

▪︎NewsPicksアカデミアゼミ(エリックゼミ)▪︎

 

第5回 PRベースのデザイン思考戦略”Neo-PR経営”入門

 

以下、ゼミで学んだ議事録です。
※公開できそうな内容のみ、公開します。

第4回に引き続き、多くのフィードバックをいただきました。考え方、見え方の幅が広がりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①プレゼンの心得
 1、ストーリーのあるメッセージをつくり出す
 2、的確に伝える(キーワード)
   熱意が伝われば、プレゼンの形式はなんでもいい
 3、たった5分でも次につながる話を常に意識すべし
   (準備不足、メッセージ違いはいつもある)
 4、インプットを当たり前と思うなかれ
   (オーナーの話が聞けるのは稀、人脈はインプットの源)

②米大統領の横には、必ず報道官がいる
 職務を補佐するトップレベルの人、それだけPRは重要

③失言一つとっても、AIがリアルタイムで影響力が計れる時代
 →報道官の価値は更に高まる

④CEOの全体戦略(経営理念→ビジョン→会社戦略・会社戦術)
 →経営理念スタートのはずが、戦略・戦術ばかり大事にする会社が多すぎる

⑤CPS(チーフPRスペシャリスト)の役割
 →CEOメッセージからパブリックの状態、変化・反応の分析
 ※ここにCDO(チーフデータオフィサー)からの「情報」が加われば、更に効果が高まる
 ★CEOとPR責任者は経営視線で密接に連携する必要がある

⑥Neo-PR経営は「従業員」を重視する
 CEO ⇔ CPS ⇔ ❶従業員・契約社員・退職した職員
        ❷ステークホルダー(クライアント・ビジネスパートナー)
        ❸ステークホルダーに関与しない、すべての人々
 ★抜け落ちがちだが、❶は本当に大切にすべき
  ここが抜け落ちていると、企業PRが上手くいくはずがない

⑦TOYOTA Neo-PR
 スポーツカー(スープラ)という社長の夢
 →大企業でもCEOのストーリーが重要
 ※感動は人のアクションを引き出す

⑧「トヨタは”車会社”でなくなる」
 重要なことは、どこで発表するか?(Place)
 →ラスベガスCESで社長が発表
 ★重要なポイントは「社長が決めている」ということ

⑨「他人事→自分事」に感じさせるのがプロ
 ※オレのプロジェクトと思わせる

後、グループワーク&フィードバック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

[ 一言まとめ ]

PRは、足元からつま先まで。
追い求める前に、現状からデザインし直す。

 

「どう伝えるべきか」を悩む前に「どう伝わっているのか」と把握することが大切です。

その点で、従業員が「いい会社だ」と思っているかどうか。もし思っていないなら「どうしたらいい会社だと思ってもらえるか?」を改めて考え、改善していくことが大切だと感じました。

 

「PRはすべてがつながる」

良くするも悪くするも企業次第だと感じます。

関連記事