体験レポート

議事録(NewsPicksアカデミアゼミ)エリックゼミ第6回

▪︎NewsPicksアカデミアゼミ(エリックゼミ)▪︎

 

第5回 ゼミ生による最終発表

 

以下、ゼミで学んだ議事録です。
※公開できそうな内容のみ、公開します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①トライアル(β版)で期間を決めてやってみることが大事
 KPIは必ず数字で表す
 一番やってはならないことは「ダラダラ続けること」

②感動は、ストーリーから生まれる

③「運用をどうしますか?」という課題が、一番大きな課題
 思いつくのは簡単だが、ここがなかなかクリアにならない

④やるかやらないかは、トップが決めなければならない

⑤他にやってないことを積極的に取り入れることは大切

⑥オンラインサロンをするなら、見える・見えないを分ける

⑦KPIに対する目標は、誰に対してやるかが大切

⑧トップがやる気になっていることは素晴らしい

⑨ストーリーは、自分の人生としてなぞる
 (共感に対するロイヤリティ)

⑩社長の意図が伝わる形にしなければ、出資は社長の趣味に見えてしまう
 ※社員は「ムカつく」感情になる

⑪100点取ろう!と思っている0点は許せる
 100点無理だろうな。と思っている0点は許せない

⑫PRの本質は、社内の従業員に届くかどうか
 結果的に「この会社、好きかも」と思える引き金になる

⑬企画の根性で、ミーハー層に影響を与える
 ※やってみたいなら、やってみたらいいよ!
 「とりあえず、面白いものができた!」がKPIになる

⑭目的のための手段でなければならない

⑮オフラインサロンをつくる
 ※リアルコミュニティにおいては、高齢者が一番のインフルエンサー

⑯プロデュースしないと、インフルエンサーにならない

⑰「やるところまで、やる」のが、本当のコンサル
 ※ワクワクしてなんぼ。熱い思いで、熱い人を納得させる

※ゼミでの学びは、最終プレゼン後のフィードバックから抜粋しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

[ 一言まとめ ]

どれだけ熱意をもって語れるかが、相手を共感させる上で大切である

 

エリックゼミは今回の卒業発表で終了ですが、今回立ち上げたプロジェクトは、実際に動き始めます。

近況があれば、改めて報告いたします!