経営者

定年退職の終わり

おはようございます。杉本です😊

新卒2年目で、60%が転職サイトに登録しているらしいです。

https://newswitch.jp/p/19790

 

「どうして転職するのか?」に耳を傾けると、答えはシンプルな気がします。ただその答えを感じていながら、無視している企業が多いのも事実であるように感じます。

「転職とどう向き合うのか?」がクリアになれば、風通しの良い職場環境になると私は思ってます。

 

 

不確実性であるが故の、キャリア形成の悩み

これは私の感じるところですが、

❶キャリア形成に悩んでいる
→今のままでいいのか、漠然とした不安がある


❷仕事をしていてつまらない
→仕事での変化が少なく、毎日が同じ


❸転職したいけど、転職できない
→周りに成功事例やきっかけがないと、動き出せない

上記の❶❷❸は、実際に多くの人が抱えている悩みであると感じます。実際に私も以前はそうでしたし、こういった悩みをよく相談されます。

 

ただこれらは今に始まったことではなく、何年も、何十年も前から、そういった声は挙がっていたと思います。ネットで繋がりやすくなった時代であるからこそ、共感しやすく、より力を持つようになりました。

本気で❶❷❸に向き合わないと、一気に全員退職もあり得る時代だといえます。そのため、対策できるところから対策したほうが良いのでは?と私は感じます。対策すると、結果的に風通しの良い職場環境になっていきます。

 

 

経営者のマインドは無意識に伝わる

・どうせ転職しないだろう
・そのくらいの価値で転職先を探しても、見つからないだろう

と、もしお考えの経営者がいるなら、それは大きなリスクになります。現に私が過去そう思われており、実際にそう言われました。

 

「言われたほうは、どう思うか?」

ここで働きたくないし、退職後も良い企業とは思えない。って、なりますよね。だからこそ、働く人の企業に対するレビューは、☆5を目指すべきだと私は思っています。

 

「この会社で働けて、恵まれている」

そう感じる従業員が何人いるか。そこに企業価値が反映されるのが、現代ならではなのかな?と私は感じます。

そして、そのように従業員から指示される企業になると、経営者自身が嬉しい。もっと頑張ろう!と、プラスの循環が社内に巻き起こると感じます😊