データで読み解く「一人○○」

おはようございます。杉本です😊

「一人焼肉」とか「一人バル」とか、おひとり様で利用する「一人○○」市場が最近伸びているそうです。「一人○○」が伸びる理由は「生活スタイル」にあり、そこから学べることは多いと感じました。

本日は「生活スタイル」にフォーカスを当てて、深掘りしようと思います😊

★記事詳細
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/17/news084.html

「一人○○」が増えた4つの背景

「一人○○」が増えた背景として、記事内で4つ背景を紹介しています。

  1. 女性の社会進出
  2. ストレス社会
  3. スマートフォンの普及
  4. 一人客の受け皿となる飲食店の増加

この中でも「❸スマートフォンの普及」に挙げられている事例は、私自身、体感している事例だと感じました。その事例とは、

“早い、うまい”を売りにしている某牛丼チェーンの経営陣は「提供スピードが多少遅れても、消費者の満足値は下がらない時代になった」と発言している。

つまり『スマホが空き時間を埋めている』といえます。

メール・SNS・ニュース・ゲーム・読書…etc.
スマホ1台あるだけで、何でもできる環境になりました。

ゆえに一人で時間を消費することが、スマホがない時代に比べて、苦でなくなったように感じます。

事業者(飲食店)側の5つのメリット

「一人○○」マーケットを狙うメリットを、記事内で5つ紹介しています。

  1. 隙間時間を埋めやすい
  2. 平日の集客カップにつながる
  3. 一人客はリピーターになりやすい
  4. 高単価を見込める
  5. 一人客はお店のプロモーターになってくれる

おひとり様は『お客様 対 お店』の関係が築きやすいといえます。

お客様との距離感、コミュニケーションの取り方次第で、お店のファンになっていただける環境は築けると感じます。

まさに『ファンビジネスしたいなら、一人○○を狙え』ですね!

どのように「一人○○」に優しい居場所を提供するのか?

この考え方は飲食店問わず、他の事業でも応用できると、私は感じます😊